記事を書くときの4つの基本

目安時間:約 8分
  • 人気ブログランキング

あなたは記事を書くときの「4つの基本」は抑えているだろうか?

 

もしそうでないなら今すぐこの記事を読んでほしい。

 

なぜなら、あなたは読みづらい記事を書いてしまっているからだ。

 

1行空ける

 

 

あまりに字が詰め込み過ぎると結構読みづらくなってしまうものだ。

 

例えばこちらの文章。

 

1996年7月頃、カクテルパーティーでAmazon.comの創業者ジェフ・ベゾスが、ある女性に「自分のサイトで離婚に関する本を売りたいんだけど」と持ちかけられたのをヒントにしたのがはじまりであるとされているが、Amazon.com以前にCybereroticsというアダルトサイトクリック報酬型のアフィリエイトを始めた最初か初期のサイトの1つだというのが、広告関係者やアダルト業界のコンセンサスである[6]。アダルトサイトを除けば、1994年11月にBuyWebというプログラムを立ち上げたCDNOWが、最初のクリックスルー方式のアフィリエイトを導入したウェブサイトである[7]。日本では、アウトドア用品を販売するナチュラムが、1999年5月にAmazonアソシエイトプログラムを参考に独自開発した「バディシステム[8]」としてサービスを開始した[9]アフィリエイト・サービス・プロバイダとしては、1999年11月にValueCommerceが、2000年6月にA8.netがサービスを開始した。(引用元:Wikipedia

 

 

見ただけで読むのが嫌になってしまわないだろうか?

 

そこで「言い切ったら1行空ける」という作業を加えてみる。

 

1996年7月頃、カクテルパーティーでAmazon.comの創業者ジェフ・ベゾスが、ある女性に「自分のサイトで離婚に関する本を売りたいんだけど」と持ちかけられたのをヒントにしたのがはじまりであるとされているが、Amazon.com以前にCybereroticsというアダルトサイトクリック報酬型のアフィリエイトを始めた最初か初期のサイトの1つだというのが、広告関係者やアダルト業界のコンセンサスである[6]

 

アダルトサイトを除けば、1994年11月にBuyWebというプログラムを立ち上げたCDNOWが、最初のクリックスルー方式のアフィリエイトを導入したウェブサイトである[7]

 

日本では、アウトドア用品を販売するナチュラムが、1999年5月にAmazonアソシエイトプログラムを参考に独自開発した「バディシステム[8]」としてサービスを開始した[9]

 

アフィリエイト・サービス・プロバイダとしては、1999年11月にValueCommerceが、2000年6月にA8.netがサービスを開始した。(引用元:Wikipedia

 

「言い切ったら1行空ける」という作業を加えただけで先程に比べたら読みやすい文章に感じるだろう。

 

1行空けるという作業を加えるだけで文字が窮屈している感じが無くなって比較的に読みやすい文章が出来るのだ。

 

 

漢字、ひらがなはバランスよく使う

 

 

成果報酬型広告は自分が作成した媒体に掲載した広告から商品を購入される事で報酬が発生する。

 

無理やりだがなるべく漢字を多く使った文章だ。

 

これも漢字があまりに多いと固苦しい印象になってしまう。

 

かといって

 

アフィリエイトはじぶんがつくったブログにアフィリエイトリンクをはってそこからかってもらうとほうしゅうがはっせいする。

(アフィリエイトは自分が作ったブログにアフィリエイトリンクを貼ってそこから買ってもらうと報酬が発生する)

 

まったく漢字を使わないとメチャクチャ読みづらい文章になってしまう。

 

なので漢字とひらがなのバランスは大事だ。

 

コツとしては漢字で難しい字や言葉を使わないようにすればOK。

 

それでも「漢字が多いな・・・」と感じる場合は言いかたを変えてみるといいだろう。

 

 

 

サイトの幅が大きい場合は1行25文字から30文字程度まで

 

 

最近のブログやサイトのレイアウトは記事が真ん中に集中するようになっているので、そういったデザインを使っているなら問題は無い。

 

しかし、そうでない場合は横の文字数を気にした方がいいだろう。

 

理由は横いっぱいに文字が並んでいるので目で追うとすぐに疲れてしまうからだ。

 

ちなみに僕はWikipediaを読むのが苦手だが、理由は横いっぱいに文字が並んでいるのですぐに疲れてしまうからだ。

 

目が疲れると読む気が薄れてきてしまうので、なるべく横の文字数は25文字から30文字程度に抑えた方が良いだろう。

 

 

 

読者の事は「あなた」などの2人称と呼ぶ

 

 

ブログやサイトはたくさんの人が見れるようになっている。

 

なのでついつい「皆さん」と読者を読んでしまうそうになるが、読者は「あなた」などの2人称で呼ぶようにしよう。

 

よくよく考えてみてほしいのだが、パソコンやスマホでサイトを見るときに大勢の人でそれを読むだろうか?

 

基本的に画面の前の読者は1人だ。

 

1人で読んでいるのに「皆さん」と言われるのは多少なりとも違和感を感じてしまう。

 

 

実はこれは雑誌でも使われている手法だ。

 

「これを読んでいるキミも○○を目指してみよう!」

 

など雑誌ではこのように「皆」という表現よりも「キミ」などの2人称で読者に呼び掛けていることが多い。

 

雑誌も基本的に1人で読むものだからだ。

 

ブログやWEBサイトで記事を書く場合は読者の事は「あなた」などの2人称で呼ぶようにしよう。

 

 

 

おさらい

 

・言い切ったら1行空けることで文字を詰め込み過ぎを防ぐ

 

・漢字とひらがなはバランスよく使う

 

・サイトの記事の横幅が広い場合はそれだけ横に文字を並べることが出来てしまうので、1行25文字から30文字程度に抑える。

 

・ブログやWEBサイトを読むときは1人で読む人が多いので読者に呼び掛ける場合は「あなた」などの2人称を使う

 

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理者プロフィール

HN:リバティ本田
フリーターから就職できたものの、毎日同じことの繰り返しで「まるでロボットみたいだ・・・」と絶望していた。そんな時にバイクを乗り始め楽しい気持ちが蘇る。「もっとこいつに乗って人生を自由に生きたい!」そんな想いからアフィリエイトを始める。
詳しいプロフィールはこちら!

最近のコメント
アーカイブ
協力してくれたサイト
カテゴリー
メニュー

ページの先頭へ