1記事1テーマが原則!

目安時間:約 4分
  • 人気ブログランキング

カタカタカタ・・・

ワンルームの1室にキーボードの音が鳴り響く。

 

「あれについて書きたいな」

「これも書きたい」

「そうだ、これも書いておこう!」

 

僕は記事更新に慣れていくとドンドン記事を書きたくなっていった。

 

やる気があるのは良い事。

 

しかし、僕はこの時1つの記事にいっぱいテーマを詰め込んでしまっていたのだ。

 

1記事1テーマが原則

 

 

何故かというと1つの記事にテーマが複数あると

 

「何が言いたいんだ??」

 

と読者は思ってしまうからだ。

 

 

例えば1つの記事に「記事の書き方」について説明していたら次に「アフィリエイトについて」とか書かれていたら

 

「え?なんで急に?」

 

と思ってしまわないだろうか?

 

 

1つの記事に複数のテーマを入れてしまうと、あなたの伝えたい事が伝わらなくて無駄な記事になってしまう。

 

なので1記事1テーマが原則だ。

 

 

 

 

 

 

テーマが重なりそうなら記事を分ける

 

 

「でも伝えたい事がいっぱいあって・・・」

と思ってしまう人もいるだろう。

 

 

それは良い事だし、どうせならその伝えたい事を全部伝えたほうが良いだろう。

 

それなら複数のテーマを1つ1つ記事にしていけば良い。

 

これならば1記事1テーマが守られているし、記事の数も増えるので良いことずくめだ。

 

さらに記事が書けなくなる原因の1つとして「ネタ切れ」があるが、このように記事を分けることでネタ切れを起こさない対策の1つの方法でもある。

 

伝えたいテーマが多い時は記事を分けるようにしよう。

 

 

おさらい

・1記事1テーマで読者に「何が言いたいんだ?」と伝わりづらい記事を避ける

 

・テーマが多い時は1つ1つテーマを増やすことで「1記事1テーマ」のルールが守られるし、記事も増えてさらにネタ切れを防ぐ方法にもなる。

 

 

 

 

 

 

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理者プロフィール

HN:リバティ本田
フリーターから就職できたものの、毎日同じことの繰り返しで「まるでロボットみたいだ・・・」と絶望していた。そんな時にバイクを乗り始め楽しい気持ちが蘇る。「もっとこいつに乗って人生を自由に生きたい!」そんな想いからアフィリエイトを始める。
詳しいプロフィールはこちら!

最近のコメント
アーカイブ
協力してくれたサイト
カテゴリー
メニュー

ページの先頭へ