記事が書けないの3つの原因

  • 人気ブログランキング

「記事が書けない・・・」

 

アフィリエイトを始めるとまず最初に立ちふさがる壁。

 

記事が書けないという壁だ。

 

実はこの原因はたった3つ。

 

3つとも原因が重なっていることもあるが、簡単に改善できるものだ。

 

記事の書けない3つの原因とは一体何だろうか?

 

 

いきなり書こうとする

 

 

「よーっし!記事を書くぞ!」

と思っても

 

「・・・何書けば良いんだ・・・?」

と悩んでしまう経験はないだろうか??

 

ブログの記事は誰かに何かを伝えようとするためのツールだ。

 

何か伝えようという漠然な考えだといざ記事を書こうと思っても、伝えるものが曖昧なので何を書いたらいいのか分からない状態なのだ。

 

 

これはプロのライターだってそうだ。

 

何を伝えるのか明確になってないと記事を書くのは難しい。

 

記事を書くにはまずは何を伝えたいのかをハッキリするべきだろう。

 

 

 

勉強不足

 

 

「伝えたい事は決まっているけど、それでも書けない・・・」

 

これはそのテーマの勉強不足が原因だ。

 

 

僕たち人間は分からない物や知識が不足している物を説明しろと言われても無理なのだ。

 

極端な例だが、「相対性理論について説明して!」と言われたら説明できるだろうか?

 

ちなみに僕は出来ない。

 

それについて何も知識が無いし、そもそも興味すら持てない。

 

 

しかし、「あなたの趣味や好きなものを教えて?」と言われたら上手い下手はともかく、説明は出来るものだ。

 

なぜならそれについての知識はあるし経験も積んでいるからだ。

 

要はネタが豊富なのだ。

 

仮に自分の好きなものをメモ帳で説明してみるといいだろう。

 

文章が苦手という人でも何とか書けるものだ。

 

 

 

どのように書けば良いのか分からない

 

 

「伝えたい事は決まっている」

「その分野についての知識は十分」

 

 

この二つがそろっているのに書けないのであれば、文章をどのような構成で書いていいか分からない状態だ。

 

 

そういった場合は、まずは伝えたい事を箇条書きで書いてみよう。

 

この時、とにかく思いついたものを書いていくのがコツ。

 

※文章が書けない理由

・いきなり伝えようとする

・伝えたい事が決まっていない

・インプット不足

・記事の構成が分からないから

・どうやって書いたらいいか分からない

・売ろうとする事ばかり考えている

・読者の反応が怖い

 

このようにいくつも書いてみよう。

 

思い付いた物の中から何を伝えるのかを決めていく。

 

・いきなり伝えようとする

・インプット不足

・どうやって書いたら良いか分からないから

 

このように伝えたことを決まったら、後はそれに肉付けをしていく。

 

 

・いきなり伝えようとする

「よーっし!記事を書くぞ!」

と思っても・・・・

 

・インプット不足

「伝えたい事は決まっているけど・・・・

 

 

・どうやって書いたら良いか分からないから

「伝えたい事は決まっている」・・・

 

こんな感じで伝えたい事を肉付けしていく。

 

このように書いていけば「文章をどうやって書いたら良いかわからない・・・」といった悩みは解消されるはずだ。

 

 

おさらい

 

・いきなり書こうとする

 

・テーマが決まっているのに書けないのは勉強不足が原因

 

・伝えたい事を箇条書きしてその中から伝えたいものを選んで、それに肉付けしていく

 

  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理者プロフィール

HN:リバティ本田
フリーターから就職できたものの、毎日同じことの繰り返しで「まるでロボットみたいだ・・・」と絶望していた。そんな時にバイクを乗り始め楽しい気持ちが蘇る。「もっとこいつに乗って人生を自由に生きたい!」そんな想いからアフィリエイトを始める。
詳しいプロフィールはこちら!

最近のコメント
アーカイブ
協力してくれたサイト
カテゴリー
メニュー

ページの先頭へ